« ジェベル200 | トップページ | ジェット交換_走行テスト »

懲りずにシングルキャブ_ジェット類交換(笑)

Imgp00062 最後の難関(泥沼?)、power jetについて考えていきます。過去の妄想結果により、ココはそんなに大きくなくてもいいのではないかということから、50番から45番に変更します。根拠として、データシートから、ここの番手は1200ccの30PICT-3で40番、1300cc(1302)の31PICT-3で45番、1300cc(1303)の31PICT-4(見たこと無い)で45番というのがあります。

現状の問題点として、アイドリングと走行で調子を出すとどうしてもプラグがくすぶることが挙げられます(走りに関しては問題ナシ)。あと車庫入れ時にアクセルを踏む回数が増えるとカブりやすいってのもあります。まあ気にしすぎってのもあるし、もともとカーボンが溜まりやすいヘッド形状なのかも知れませんが、50から45に変更するのは決して冒険的なことじゃないような気がしています。現在のセッティングで加速ポンプの排出量をさらに減らすってのも方法論としては「アリ」なのですが、H30/31の場合、キャブの脱着が必要になってくるので「面倒くさい」んです(笑)。

ただし、5番程度の違いを感じられるかどうかは正直難しいかも知れません。「薄い」ってのが「濃い」に比べて体感が苦手ってのもあります。もし、仮説「PWJはデカイねじのガソリン量を決定している」が正しければ、50→45に変更した場合アイドリングは何もしなくても下がるはずです。

写真と本文にあまり関係はありません(笑)

|

« ジェベル200 | トップページ | ジェット交換_走行テスト »

キャブレター関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェベル200 | トップページ | ジェット交換_走行テスト »