« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の16件の記事

土間入り口のスロープ

Imgp0001 当初、バイクの整備のためにスロープを作っていた(実は我が家には土間があります)のですが、どうもこのスロープが役に立ちそうに無い雰囲気なので、玄関とツライチになるようにデッキを作りました。材はまたまた近所のバナゴン乗り大工から頂いたウリンです。

この木材、ひじょ~に硬いのは学習済み。なので、きっちりと下穴を開けておきます。あとコースレッドはステンを使うのが常套らしいのですが、数年間の曝露試験で錆が認められなかったクロメートめっきのコースレッドを今回は使いました。

ステンは脆いので捻じ切る危険性が鉄よりも高いような気がしているんですが、本当のところはどうなのでしょう?土台部にはウッドデッキ製作時の余り材を使いました。比べるとサイプレス(豪州ヒノキ)はまだ加工が容易な感じです。サイプレスの方は塗装してあげた方が良いかも知れません。ツライチにしたつもりが、玄関前って水勾配があるんですね。水平器使って水平決めたらツライチでは無くなってしまいました。

土間ガレージ、聞こえはカッコいいんですが、現在ハムスターに占拠されています(涙)。カッコ良くなり次第(?)、紹介したいと思います。

レンガを積んだ犬走りはどうしたかって?あの写真のままです(笑)。

| | コメント (0)

エアバイパススクリュー

Imgp0083 PICT-3系はエアバイパススクリューでアイドリング調整をします。緩めるとアイドリングが上昇して、締めるとアイドリングが低下します。名称からすると空気量を司るネジなのですが、エア量を増やすとアイドリングって上昇するのでしょうか?

単純にエアだけ増やしてもアイドリングって上昇しないような。むしろただ単に薄くなるだけのような気がしています。

続きを読む "エアバイパススクリュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃防錆装置

Imgp0123 装着して3年以上経過したので、そろそろ検証しとこうと思います。理論的には「なるほどね~」って装置なのですが、錆の進行を劇的に防止する装置ではなさそうです。電気って流れやすい方向に流れるからボディ全面には効果が無いのかも知れません。錆びて欲しくない部分(フロア、ピラー周り等)は定番のPORとノックスドールで処理しているので、目立った錆が目視では確認できないのが難点なのですが・・・。う~ん。歯切れの悪いコメントしか残せないのは悩みどころ。まあ、「悪さ」はしない装置だと思います。

| | コメント (2)

夢を売る商売

Photo 写真は、夢を売ってるkidsjamさんとこから拝借しました(スンマセン。これで2回目)。
サラリーマンにとって自営業、特に世襲じゃなくて身ひとつで独立した人には、最大の敬意をはらいます。「簡単なことだよ」って言う人もいますが、決して安泰な選択ではないはずです。
だけど「好きなこと」を仕事として選択して、そこから人の輪(和)が広がっていくのはすごく素敵です。

僕の憧れマインドを加味していますが、素敵な自営業の人は「夢を売る商売」な人なんだなぁとつくづく思います。

続きを読む "夢を売る商売"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドレンパイプとブローバイ

Imgp0004 冬になると気になるのがブローバイ(もう春なんですが・・・)。空気中の水分とオイルが混ざって練りカラシが精製されます。エンジン内部の水分は走行距離が長いと気にならないのですが、寒い時期の短距離走行が続くとブローバイホースが詰まり気味になりがちです。

続きを読む "ドレンパイプとブローバイ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

怒涛の出張と1年間のまとめ(ワーゲン以外)

まあ忙しかったのですが、実りの多い出張と発表でした。今回は九州方面。2000人近くが参加する学会だったのですが、熱気が凄かった。特に博士課程の学生やポスドク、はたまたポスドク予備軍のいい意味でのハングリー精神がそうさせているのでしょう。若い輩の「やる気の無さ」が取りざたされていますが、この業界?はある意味「狭き門」。みんな必死です。影ながら応援していますので、今の研究が将来必ず実り多いものになることを願っています。彼らが目指す先輩諸氏(研究でご飯を食べてる人)はシンポジウム(名称変わったかも?)を企画立案して同一ジャンル(異種もある)での知識の集積化を図る作業が中心になるみたいです。

僕ですか? 立場と方向性(目指すところ)がカブらないので大丈夫です。

ワーゲン関係でも当然タダでは帰ってきませんでした(笑)。その話は近日中です。

三月も終わりに近づいてきたので1年間のまとめをしておこう。

続きを読む "怒涛の出張と1年間のまとめ(ワーゲン以外)"

| | コメント (0)

欲しいものシリーズ

この1週間は怒涛の忙しさでした。おかげで、10数年ぶりに友人にも会えたし、大学時代の先輩方々の消息もわかったり、新たな出会いがあったり。みんな年齢を重ねて、それなりにいろんなものを捨ててきたなかで形成・変化していったであろう価値観とか、いろいろ考えさせられました。

で、それはさておき(笑)、欲しいものシリーズをつらつらと...。

続きを読む "欲しいものシリーズ"

| | コメント (2)

ガスケット考察

Dscn3463 空冷VWで部品をオーダーする際、ガスケットも「ついでに」注文することが多いです。価格も安め。今回はこのガスケットについていろいろ考えたいと思います。
当初、キャブレターとインマニを繋ぐフランジのガスケットは当時からの純正?が再利用されていました。これ、造りがいいです。紙(アスベスト系?)に金属(メッシュ)を織り込んでるタイプ。今オーダーすると普通の紙製が届くはずです。この紙の厚さや材質って色々在って悩みます。手持ちに自作品もあるのですが、自作用のガスケットペーパーの方が品質は良さそう。両面がツルッとしているので、オイル等の染み込みによって密封力を高めるタイプではなさそうです。ただし切り出す際に注意が必要です。このキャブレター下側は通路(バキューム系?)を兼ねていて割と精度が求められます。今は購入品(精度は良いけど薄い)を二枚重ねで使用しています。オイルドレン関係は前述のとおりです。

続きを読む "ガスケット考察"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マフラーパイプ陥没

Imgp00632 車庫入れ中に塀が斜めになっていることに気づかずに、後部を当ててしまいました。家族も乗っていたのでちょっと恥ずかしかった。で、バンパーだったら蹴りを入れて直そう(笑)と思ったのですが、どうやらテールパイプを当てたみたいです。片方だけ入り込んでしまいました。
帰宅してクランプを外して同じ長さにするのですが、ついでに内部のカーボンを掃除してみました。するとですね、うげ~って位ススが堆積しているんです。あまりクランプを外したくなかったので、片方だけ掃除しておきました。ハブラシでゴシゴシです。これ、車検前にしておくと何か良いことないかなぁ。

| | コメント (0)

ドエルアングル

ポイントギャップの調整で出てくる言葉が「ドエル角」やら「ドエルアングル」。はてさて何なんだろうということで色々調べてみました。ポイントギャップによってこの数値は変わるみたいで、このドエルアングル(タイム)の調整の為にポイントギャップを調整していると言ってもいい(はず)です。僕が持ってるテスター(安いタコメーター)にはドエルアングルを計測するチャンネルがありました。どうやらタコメーターと同じ配線で使えそうです。

ポイントギャップとドエルアングルとの関係は、

【ポイントギャップ 】:狭い→【ドエルアングル】:大きい

でいいと思うのですが・・・

ということは!?

続きを読む "ドエルアングル"

| | コメント (0)

Zusatzkraftstoffduse=power jet?

どうも頭の中で引っかかるジェットがあります。

The power jet is usually a size 65. In most cases you can just leave the power jet alone. It only works at full throttle and high RPMs ? the size 65 power jet should work fine for those conditions. 

引用URL http://www.vw-resource.com/index.html

power jetと紹介されているジェットで腑に落ちないことがあります。それは過去の記事で書いてあるとおり、このジェットを65にしたら小さいネジでアイドリングが調整できなくなった(締めても変化しない)んです。

続きを読む "Zusatzkraftstoffduse=power jet?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんと_その4

  ボガンボスのライブDVDを購入してよく家族で観てるんですが、京都大学でのライブと六本木でやったカバーライブがセットになったのが僕のお気に入りです。特にカバーライブの方が個人的には好みで。でね、かみさんが「すごいかっこいい曲あるよ」って見せてくれたのがヴェルベットアンダーグラウンドの曲でした。「あぁ、これ知ってる。レニー・クラビッツがヴァネッサ・パラディに歌わせた曲ね。」で家庭内ポジションは瞬間的ではありますがランクアップしました(たまたま知ってただけ)。確かにタイトで凄くかっこいい。お気に入りです(ちなみに歌詞は・・・)。

そうは言いつつも、一番のお気に入りはどんとのMC。
どんと:「僕は六本木が一番好きです!」
観客:「え~?」
どんと:「じゃあ皆で飲みに行く時どこにいく?」
観客:「池袋!」
どんと:「・・・そりゃ、ツウすぎるわ」

・・・この「そりゃ、ツウすぎるわ」を最近僕が連発していて(笑)。
「最近、寒いよね」「そりゃ、ツウすぎるわ」・・・意味不明な会話になってしまいます。

ワーゲンでいくと、
「南アフリカ製の1303があるってさ」「そりゃ、ツウすぎるわ」
みたいな感じで使えまPhoto_2す(笑)2

【連絡事項】3月10日(月)の夜、出張で新宿泊です。

| | コメント (3)

PJ50で走り込み_一応まとめと考察(笑)

PJ50番でH30/31はどのような挙動を示すのか、かなり楽しみだったのですが、期待される効果は得られませんでした。ただし、ノーマル状態からMJや加速ポンプを変更していたりするので、本当の「ツルシ」だとまた違った挙動を示すのかも知れません。PJ50でのプラグの状態はカーボンの付着も少なく、いい燃焼具合だったと思います。ただし、「繋がり」が悪いんです。下と上との中途半端な回転域で特にその傾向が見られました。思い起こせば、これって009時代によく遭遇していた症状です。この時は下で濃いセッティングにしておかないと、上が安定しなかったんです。
ここで不安要素があります。「このPJって本当に50番なのか?」という根本的な問題(笑)。

続きを読む "PJ50で走り込み_一応まとめと考察(笑)"

| | コメント (0)

セル一発始動への取り組みとその効果

近所にいるんですよね「いつもセル一発始動なワーゲン」。なんとかそれに近づけたいということで色々策を実践してきましたが、各々の効果の検証には至ってません。だって同時進行なんで(笑)。現在までの取り組みをまとめてみました。

続きを読む "セル一発始動への取り組みとその効果"

| | コメント (2)

パイロットジェット50番で走り込み_その3

その2の状態で暫く走りこみます。まず、始動性ですが、再現性が無いのはいつものとおり(笑)。始動直後、オートチョークが解除された途端にアイドリングしなくなります。レーシングエンジンみたいです。以前だとオートチョークが解除されてもパタパタやらなければ割と粘ってくれたのですが・・・。

続きを読む "パイロットジェット50番で走り込み_その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポイント収集とポイントギャップ

Imgp0129 いつのまにやら、色々なポイントが集まりました(中古アリ)。メーカーもボッシュ以外に様々?。ポイントヒールの材質云々がセールスポイントみたいです(笑)。

ちょっと気になるのが、接点のあたり具合。どうも面接触していない(接地時点で傾いている)ポイントがあります。ポイントは平行移動しないから、この「あたり具合」を調整するのには熟練ワザが必要なのかも知れません。

続きを読む "ポイント収集とポイントギャップ"

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »