« 関東は雪景色でした | トップページ | 「やりたいこと」「やるべきこと」「やれること」 »

ドライバッテリーの不得意分野

Dsc056662_2プティマやその他ドライバッテリーを装着している空冷VWも多いと思います。液漏れの心配がなくて、自然放電が少なくてといいことばかりなのですが、いくつか気になる点があります。

これは僕のレッドトップだけの問題なのかも知れませんが、セル駆動で落ち込んだ電圧がなかなか回復しないのです。情報を集めていくとどうやらオプティマレッド(戦隊シリーズみたいだ)は短距離走行が続く場合、セルで放電された電気が回復されない傾向があるみたいです。

Imgp0107僕のワーゲンは直流ダイナモなので、アイドリング時はほとんど充電されていません。仕事先の住所が変わって通勤距離がかなり短くな りました。いくら毎日乗った方が調子がいいとはいえ、短距離走行が続く場合、バッテリーはセルを使うたびにどんどん消耗されてきます。

この場合の解決策として、レッドトップの場合、毎日の短距離通勤よりも、むしろ週1回のロングドライブの方が向いているような気がしています(あくまで比較論)。

なんでこんなことが気になったかというと、最近バッテリーの電圧がいつも低いような気がしていたんです。毎日通勤で使ってるから大丈夫だろうと考えていたのですが、ひょっとして十分な充電がされていなかったのかもしれません。

現在レッドトップも装着してから4年が経過していろいろ疑心暗鬼になっているのも要因ではあります(笑)。最近バッテリーの値段も上昇気味。おいそれと交換できる金額ではなくなりました。月に一回の補充電 は苦じゃないので、もうしばらく使用しようと思います。

|

« 関東は雪景色でした | トップページ | 「やりたいこと」「やるべきこと」「やれること」 »

電気系(点火系以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関東は雪景色でした | トップページ | 「やりたいこと」「やるべきこと」「やれること」 »