« ウォームエアーパイプ装着 | トップページ | 若い人ほど空冷VWに乗るべきです。 »

燃料ポンプ考察

Dscn3429 温間時の始動性の悪化の主要因にパーコレーションがあります。パーコレーションとはキャブや燃料系統内部でガソリンが温まりすぎて極端な例だと沸騰してしまう現象です。で、何が問題かというと、フロートバルブの止弁能力を超えたり、キャブからエンジンにガソリンが注ぎ込まれてしまって「濃い」状態になってしまうんです。で、カブッてしまって始動困難。

オーバーフローは古いバイクだとわざと発生させて始動性を向上させたりしますが、これは冷間時に使えるワザ。温間時には逆効果になってしまいます。

空冷VWの場合、機械式の燃料ポンプが使われています。エンジンの回転でロッドを上下させて弁をポンピングさせます。

機械式から電磁式に交換する場合がありますが、燃料の安定供給とロッドを駆動させるロスを嫌っての作業だと思います。

電磁ポンプには興味シンシンなのですが、もし、フロートまわりにトラブルがあったら常にガソリンがエンジンに飲み込まれる状態になります。これがもしキーオン、エンジンストップ&発火温度だったら・・・。炎上だけは避けたい。そうならないようにアースと+電源の他に信号線があって、点火していないと電ポンが作動しないタイプもあるみたいです。

現在使っている燃料ポンプは何度か真鍮部分が外れてます(ホース交換時)。常に駆動している部分なのでロッドやカムも磨耗してるような気がする。あとダイヤフラムの劣化も可能性がないとは言えない

燃料系に手をつけるときには、燃料管やホースの断熱も視野に入れて取り組んでいきたいと考えています。

|

« ウォームエアーパイプ装着 | トップページ | 若い人ほど空冷VWに乗るべきです。 »

燃料関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォームエアーパイプ装着 | トップページ | 若い人ほど空冷VWに乗るべきです。 »