« マフラー脱着と塗装 | トップページ | 現状復帰機能を優先させる »

ウォームエアーパイプのインプレッション

暖かい風が送り込まれることがわかったパイプ装着ですが、肝心のインプレッションを。

冬になるとオートチョークが解除されてしまうと一気にアイドリングが低下してしまってエンストしてしまいます。これはセミトラを装着しても変わりません。オートチョークが早く戻ってしまうという機械的要因以外の理由は、アイドリング時の発電がダイナモだと弱くて(特に始動直後)セミトラのトランジスタによるスイッチングというメリットが十分生かされていないからだと思っています(先入観?)。温まってないと不安定になることの要因はいろいろあるような気がするのですが割愛します(笑)
まぁ、チョークが解除されないよりかは良いので、後は右足で調整。朝の通勤ではちょうど国道とバイパスが立体交差する地点(ローカルネタ)で、アイドリングが安定していれば調子良いと判断します。調子悪いときだと、ここの信号で待っている時にエンストしたり、アイドリングが不安定になります。パイプを装着すると・・・アイドリングが安定しています。う~ん。何とか定量的なコメントにしたいのですが、これで燃費が劇的に向上するとは思えないし(笑)。ただ、冷間時の安定性が増したということで精神的な満足度は高いです。

|

« マフラー脱着と塗装 | トップページ | 現状復帰機能を優先させる »

空冷VW故障と修理」カテゴリの記事

コメント

ドモドモ、初書き込みです(^_^)

オレ、ダイナモのとオルタの両方乗ってましたけど、どっちも冷間時はアイドルしませんでした。
オレのつたない考察によると、あの長いインマニのせいなんじゃないかと思ってました。
インマニが冷えてると、混合気が気化しづらいんじゃないですかねえ?プチ・アイシングみたいな状況で。

あ、根拠ナシです(^^;;

投稿: Hi LiFE | 2008年1月21日 (月曜日) 18:54

ど~も~お世話になってます。そうなんですよね。あのやたら長いインマニが悪さしてるのは間違いないです。ちなみに排気で温めるパイプは詰まってるっス。マニ外すのってなかなか面倒くさいのでついつい現実逃避してます。今年はマニに到達したいです(笑)。
それでは今後ともよろしくお願いします!

投稿: steel-scooters | 2008年1月21日 (月曜日) 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/17762378

この記事へのトラックバック一覧です: ウォームエアーパイプのインプレッション:

« マフラー脱着と塗装 | トップページ | 現状復帰機能を優先させる »