« 点火順序とタペットクリアランス | トップページ | タイロッドエンドブーツ劣化 »

常に謙虚な姿勢であり続けることの難しさ

引用:そうそう、ライバルが居ないのは素人にとっては良い事なんですが、プロからするとどうなんでしょう?殿様商売になってしまいそうでちょっと怖いですね(祝10000アクセスより)。

これは仕事にもあてはまることがあって、周辺にライバルが居ないとスキルが上がりづらいんです。経験や知識が邪魔をして新たな発見や見解を見過ごしてしまうことが多々あるような気がしています。趣味だと純粋に興味でやっているので日々新たな発見に血肉沸き踊る(笑)のですが、仕事となるとマンネリ化がネック。

仕事でこのマンネリ化を打破するには、常に謙虚な姿勢であり続けることだと考えています。具体的には、外の世界との意見交換を活発にすることとと、協働。あと大事なのが「後輩に嫉妬しない」。最近は優秀な若者が溢れていて、センスもいいです。これに嫉妬したらいかんのですよ。そのセンスを謙虚に受け入れることが大事だし、自分のスキルアップに繋がると思う。

僕らの業界でも井戸蛙はたくさんいます。そんな人がわりと派閥を作って重用されていたりして(笑)。外の世界(こっちがワールドスタンダード)の方々にはそっぽを向かれたとしても井戸蛙だから気づかない(笑)。井戸からは出ないんじゃないかな。居心地良さそうだし。

常に好奇心を忘れることなく、常に謙虚な姿勢であり続けるには「負けを認める」ってことなのかも知れない。みんな負けたくないから、閉じこもったり耳を塞いだりするのかも。負けを認めるということは今まで自分が培ってきたものが崩れることに繋がる可能性もあるんですが、一度負けを認めると凄く楽になりますよ。肩の力も抜けるし。今のシステムだと年少時から負けを認めない(がんばれがんばれスタイル)教育方針が見え隠れしているのが少々気がかりですが・・・。負ける=卑屈?劣等感?負け組?・・・がんばらんでもええんよ。

よく「一つでも良いから自分の誇れるところを持とう」って言われて、それは何かと自問自答を繰り返したりするのですが、ギター?・・・もっとうまい人には山ほど遭遇してるし(笑)、仕事?・・・後輩には追い越されてるし(笑)。DIY?・・・ありえん(涙)。

まぁ、何にもないですよ。走り続ける必要はないんです。脱力感たっぷり(笑)。

強いて挙げればバランスかな?

・・・読み返すと矛盾だらけの内容ですが気にしないでください。

|

« 点火順序とタペットクリアランス | トップページ | タイロッドエンドブーツ劣化 »

VW思案」カテゴリの記事

コメント

うんうん、わかるわかる、とうなづきながら読みました。
安定/守り、挑戦/無謀、好奇心/気まぐれ、、、
いろんな見方や考え方が渦まいて、自分で自分を縛ってしまっているんじゃないかと不安になることもしばしば。
私は積極的に「恥をかく」ことに飛び込もうと思っています。
年を重ねると、上手に迂回する知恵がついてくるので、
自分への贅沢としてどんどん頭をぶつけたいな、というのが今年の抱負です。

ということで、本年もよろしくお願いします。
みんなにとって良い年になりますように。


投稿: おやぴん | 2008年1月 4日 (金曜日) 20:52

おやぴん、お久しぶりです。
このログは自分への自戒の念を込めた内容です(笑)。
苦手な分野を上手く立振る舞う術(そこに言い訳のオプションもついてくる人もいる)は、渡る世間で自分のポジションを維持していく上で大事なのかもしれません。

だけど、そのポジションを維持したいが故に謙虚になれない人ってわりと多いのかも知れません。特に長男はその傾向強いかも・・・自戒の念を込めて(笑)。

ちなみに、ウチの長男は、こっちが怒ると悔しそうに床に頭をブツけます。

投稿: steel-scooters | 2008年1月 4日 (金曜日) 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/17489862

この記事へのトラックバック一覧です: 常に謙虚な姿勢であり続けることの難しさ:

« 点火順序とタペットクリアランス | トップページ | タイロッドエンドブーツ劣化 »