« サイドシルカバー | トップページ | 家族の風景 »

機械に感情は無いはず

Imgp0009_2 遠足や何やらで大活躍していた我が家のキャロル。かれこれ乗っているのですが、F6Aエンジンの宿命?オイル漏れが激しくなりました。

添加剤で暫く収まったものの、現在はかなりにじんでいます。

そのくらいではへこたれない(笑)のですが、お昼頃にカミさんから携帯電話「坂道で前に進まないよ~(涙)」場所は立体駐車場。これは危険。

原因は定かではないのですが、ローもセカンドも試したそうなので(さすが!)、どうやらATのすべり。

もしこれが空冷VWのMTだったら、OHの工賃がすぐに頭に浮かぶのですが、現行車の場合、中古品やリビルドに交換するのが常識。工賃や部品も馬鹿にならないので車両入れ替えの話が浮上してきます。

この話には実は伏線があって、ここ一年、頻発するキャロルの些細なトラブル(例:変速がおかしい、オイル漏れ、始動性の悪化)に「そろそろ買い換えたいね」モード。実は新規に軽自動車を購入する予定だったのです。しかも、立体駐車場停止事件は、その契約日。

機械に感情は無いと思っているのですが、このときばかりは何かキャロルも感じ取ったのではないかと。

|

« サイドシルカバー | トップページ | 家族の風景 »

身近な出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイドシルカバー | トップページ | 家族の風景 »