« 家族の風景 | トップページ | 空冷VWを庶民が維持するためには(その1)? »

三角窓

Dscn34362 三角窓のトラブルは多いです。僕の場合右側の軸が腐食して減ってました。まだ折れるには至ってませんが、いつ折れてもおかしくない状況です。

この三角窓、年式や仕様?によって高年式でも材質が違うみたいなんです。

現在装着されているのは、三角窓のフレームが鉄製。磁石がくっ付きます。ということは・・・?

ひょんな事からレストアベースの三角窓が手に入ったのですが、アルミフレームでした。しかも硬質。ちなみに軸は鉄製でリベット固定。

よく、外観がサビサビ(うっすらとね)の空冷VWで、三角窓とモール、バックミラーがそんなに錆びてない個体って多いじゃないですか。これって、非鉄金属たる所以なんでしょうか?もう少し検証を続けたいと思います。

三角窓がクルクル回ってしまう場合、内装を外すと調整できるネジがあります。そこと、フレームに取り付けているリベットの調整で修理できます。

|

« 家族の風景 | トップページ | 空冷VWを庶民が維持するためには(その1)? »

空冷VW故障と修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/17388835

この記事へのトラックバック一覧です: 三角窓:

« 家族の風景 | トップページ | 空冷VWを庶民が維持するためには(その1)? »