« 真空管アンプ | トップページ | RP-1を使ってみました。 »

セミトラ製作

Imgp0066_2 さて、部品が揃ったので製作にはいります。ラグ板にハンダ付けしていくのですが、何通りも組み方があって迷います。見た目と配線の追いかけやすさを考慮して対称に仮組みします。別に対称じゃなくてもいいです。

一番悩んだのがトランジスタの位置。何度も仮組みを繰り返してこの位置に落ち着きました。

最後はシリコンでコーキングするので見えなくなってしまいます。今回使用した部品で熱に弱いのはトランジスタ。半田ごての熱で壊れないようにアルミの洗濯バサミとかで熱を逃がしながら配線していきます。

本当はトランジスタの放熱を考えてボディにネジ止めしなければならないのですが、試作品ということで動作が確認出来次第ということにします。

配線の色は空冷VW風にすれば、IG電源には黒とかが良いのですが、悩んで茶―赤にしました。けど茶色ってこの車ではアースを意味しているから何らかのマーキングは必要かもしれません。

Imgp0067_2 アルミケースは適当な大きさの箱だったら何でも良いので、箱の中は隙間だらけ(笑)。ラグ間のショートに気をつけつつハンダ付け。

完成したのは深夜だったのですが、翌朝の通勤に使いたかったので動作チェック。簡単に配線してから緊張のイグニション。

キュキ・・ブロロロ~ン!(普段はキュキュキュキュキュ・・・)

エンジン掛かりました!!自作した部品でエンジンが掛かる時って最高ですね。自分でエンジン組んで動いたときの感動の一端を垣間見ました。

で、通勤に使えるようにざっと仮組みしてから就寝。セミトラ回路は室内に設置しました。心配していたトランジスタの熱による損傷も無く、ほっと一安心です。詳しいインプレッションは暫く走行してからにしようと思います。

Imgp0069 経費:トランジスタ@210円×2 抵抗@32円×2 ダイオード@20円×2 ラグ板120円 その他小物200円位?・・・合計844円(その他には振り込み手数料と送料を按分しています)

|

« 真空管アンプ | トップページ | RP-1を使ってみました。 »

点火系関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真空管アンプ | トップページ | RP-1を使ってみました。 »