« 温間時の始動性悪化についての仮説【キャブレター編】 | トップページ | 使用バイク »

点火コイル_リレー

散々考えてメリットデメリットがあるような気がした点火コイルへのリレー追加ですが、キーオフでエンジンが止まらない現象がついに発覚。あわててバッテリーのマイナス端子を外しましたが、エンジンは止まらず。

発電機はちゃんと機能しているみたい(笑)。

・・・そんなことはおいておいて、リレーにつながるヒューズを取り外してエンジンストップ。どうも具合悪いです。点火コイルに常時リレー供給するシステムはこういった不具合を生じる可能性もあるので、ダイオードは必須だと思います(といいながら確証ナシ)

王道の配線見直しを考えていかなきゃならないのかもしれません。エンジン部分から伸びる配線のうち、点火系は1本。油圧1本。充電系は2本。あとは灯火系。充電系はリアシート下のレギュレーターまでの配線です。

いろいろ策を練ろうと思います。

|

« 温間時の始動性悪化についての仮説【キャブレター編】 | トップページ | 使用バイク »

セル1発始動への取り組み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/17101984

この記事へのトラックバック一覧です: 点火コイル_リレー:

« 温間時の始動性悪化についての仮説【キャブレター編】 | トップページ | 使用バイク »