« 整備の考え方 | トップページ | 当時モノ_NOS »

リアキャリアのメンテナンス

Imgp0050 空冷VW用に販売されているキャリアで木製部分が劣化しやすいのは共通のようです。購入したとき、「ここがすぐに悪くなるよ~」ってありがたいアドバイスを頂きました。でね、木材にニスを塗っているんですね。これって。野外で使用する木材でニス塗ったらどうなるか?実証試験と結果と考察(笑)。風雨に曝される木材って無垢材の場合かなり動きます。動くていうのは反ったり曲がったりです。在来工法で建てた家も無垢材は動きます。2×4工法は基本的に動きません。でニスなんですが、この木材の動きについていけないんです。塗装の目的は美装と防水化(防水能力は長期的には殆ど無いと思ってオッケーですが・・・)がメインなのですが、どうしてもニスが剥がれやすくなってしまうんです。紫外線の影響もあるかもしれません。

ウチのワーゲン、ご存じのとおり?かなりのサビートルなので、新品のキャリアは装着当時かなり浮いた存在でした。が、徐々にニス剥がれが本領を発揮して、なかなかの風貌に要した期間は4ヶ月(笑)。で、僕が木材に使うのは浸透性のある油性塗料です。仕上げは艶消しになるんですが、浸透するから基本的に塗料がはがれる心配はないです。室内にも使えるエコな塗料やオイルはドイツを中心に結構なメーカーが販売しています。

|

« 整備の考え方 | トップページ | 当時モノ_NOS »

空冷VWメンテナンス考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/16317450

この記事へのトラックバック一覧です: リアキャリアのメンテナンス:

« 整備の考え方 | トップページ | 当時モノ_NOS »