« +系の強化? | トップページ | ワイパーモーター考察_【イレギュラー配線編】 »

最近のサビと塗装事情(自分の場合)

半年かけた空冷VWのサビ取りで、ある程度の妥協をしつつ(笑)、サビ取りに関してはほぼ完成したと勝手に自負しています。発掘して「あちゃ~」は無いと思う(祈る)のですが、ちょっとだけ気になるところがあります。

僕のワーゲン、多分20年位前に全塗装されています。今見ても「上手い」塗装です。ちゃんとエンジンフード、トランクフード内も塗装されています。マスキングも頑張ってます。

が、左フェンダーの塗装のみクラッキングが発生しています。旧塗膜には達していないのですが、しかもあまり気にしていない(笑)のですが、原因はなんなのでしょう?他の部分には発生していないことをみると、このフェンダーだけ「特別な事情」があったのではないでしょうか?

以前交換されたパネルだったのかもしれません。そこだけ社員研修?で弟子が塗って塗膜が厚かったか、下地処理が他と異なったのかも知れません。

全塗装後の補修の可能性も否定できませんが、だとしたら、あまりのも色合わせが上手すぎて、こんな調色が出来るんだったら、クラッキングのでるような塗装はしないような気がしてます。

Dscn0622_2

|

« +系の強化? | トップページ | ワイパーモーター考察_【イレギュラー配線編】 »

VW思案」カテゴリの記事

錆との格闘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« +系の強化? | トップページ | ワイパーモーター考察_【イレギュラー配線編】 »