« フェアーグラウンドアトラクション | トップページ | 価格上昇? »

プロとアマの境界線

空冷VWに限らず、様々な業界で「プロ顔負けの・・・」が存在します。海外でもバックヤードビルダーなんて言葉もあるくらいで、趣味と言えど純度を高めていくと結果的に上記のようなスキルを持った人が出てきます。

前述のとおり、僕は出来ないことは無理しないでプロにお願いするスタンスなのですが、プロとアマの違いはなんでしょうか?諸説あると思いますが、僕の場合、「仕事として責任が持てるか否か」がプロとアマの境界線だと考えています。その責任の根拠として工賃が発生すると考えています(逆もいえる)。だから、工賃が安い高いと評する人って、自分で作業していない(出来ない)んだから(出来ない理由は時間的制約等もありますよね)、プロにお願いする以上、工賃の話は話のネタ程度にしかならないんじゃないかと思うわけです。僕も含めて自分が出来ないことをプロにお願いしているわけだから。後は信頼関係。作業内容に納得して工賃を払うわけですからね~。(この話はプロ=性善説に基づいています。そうじゃない人もひょっとしているかもしれませんが、いないことを願います。って職人系ではどの業種でも会ったこと無い。営業系?)
僕はアマだから責任持てません。だから他人のクルマの作業なんてとてもじゃないけど出来ません(笑)。あーでもない、こーでもないと某所(ネットじゃなくて実在する場所ですよ~)で言うのは大好きなんですが。
最近、破格値の車検が多いですよね。現行車を3~5年で乗り換える場合、目視点検でいけてしまうことが多いし、それも「アリ」なんでしょうが、その後の車両点検はあくまで自己責任のウェイトが相対的に高くなる覚悟が必要だと思います。良心的な整備を車検時に普通にした場合、その作業に応じた工賃が必要になってくるんですが、空冷VWの場合、外観は良くても「何があってもおかしくない」状態の車両の存在も否定できません。だって40年前の車なんですよ。

|

« フェアーグラウンドアトラクション | トップページ | 価格上昇? »

VW思案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/16432195

この記事へのトラックバック一覧です: プロとアマの境界線:

« フェアーグラウンドアトラクション | トップページ | 価格上昇? »