« レンガ積み | トップページ | 温間時における始動性の悪化について【電気編】 »

ウインカースイッチ交換

Imgp0046

ウインカーのオートキャンセルが機能しなくなりました。いつも手で戻してたから、壊れているのに気づくのは遅かったです。

で、一度も分解したことが無かったし、修理できる可能性もあるかもしれないということで、分解してみました。

原因はM型のクリップを引っ掛ける樹脂パーツの割れ。M字クリップは床に落ちていました(涙)。最近は、強力な接着剤もあるし何とかなるだろうと気楽に構えていたのがまずかったです。

スイッチユニットの分解って、レバーの根元がリベットなんです。ドリルで揉んでいるうちに接点部分にある(面圧を保つための)小さいスプリングが飛んじゃいました(涙)。情けないっす。冷静に考えるとオートキャンセル無くてもよかったじゃん。ちょっと深追いしすぎました。

結果的には新品を購入せざるを得ませでした(涙)。キーオフでウインカーを倒すと光る機能はとりあえずキャンセルしておきました。次のオーナーが困らないようにちゃんと配線は残してます(ショートさせたらいかんよ)。

|

« レンガ積み | トップページ | 温間時における始動性の悪化について【電気編】 »

空冷VW故障と修理」カテゴリの記事

電気系(点火系以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/16571787

この記事へのトラックバック一覧です: ウインカースイッチ交換:

« レンガ積み | トップページ | 温間時における始動性の悪化について【電気編】 »