« ヒッピー? | トップページ | ジェネレータープーリー »

デスビ考察_ポイントギャップ

Imgp0082 デスビのメンテナンスで少し古い車だとポイントの調整が必要になってきます。フルトラピックアップが付いていればこのあたりのメンテナンスは不要(セミトラは必要)。点火の仕組みが判りやすいのでポイントもいいかも。

で、ポイントギャップなんですが、1番で合わせますよね。ドエル角については計測してません。4気筒の場合、カムが4つあるんですが、カムのハイトは均一なのでしょうか?ちょっと気になります。といいながら手持ちのゲージでそのハイトやポイントギャップの変化が追いかけられないので、何ともいえません(支離滅裂)。まぁ、現実的な対応として1番と対角線上にある3番のポイントギャップも計測したほうが良いのかも知れません。

交換したばかりのポイントってヒールの角が立ってます。カムにヒールが乗る時には線で当たります。・・・ということは、初期磨耗は比較的早期に現れると思って間違いないと思います。組むときにヒールの面取りすればいいんでしょうか?そんな事したことない(笑)。

で、例えば修理工場でポイントの交換を依頼した場合、初期磨耗を鑑みて早めに再調整する必要があるのかもしれません(予想)。ポイントの初期不良との区別は難しいのかなぁ。もし僕がプロで「交換したばかりなのに調子悪い!」って言われたら凹むなぁ。

ポイントギャップが少なくなった時の症状は、アイドリングが安定しない(ミスファイヤーもあるかも)、アイドリングが下がる等です(点火時期が遅れる?)

点火時期とポイントギャップの関係は、まとまり次第アップします。

|

« ヒッピー? | トップページ | ジェネレータープーリー »

点火系関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/16502208

この記事へのトラックバック一覧です: デスビ考察_ポイントギャップ:

« ヒッピー? | トップページ | ジェネレータープーリー »