« 出会い_雑誌編 | トップページ | 遠足準備_整備編 »

遠足準備

 最近、めっきりキャンプ(野営)をしなくなりました。実は若い頃?散々してました。長いのはほぼ一ヶ月間(バイク乗りの定番、北海道です)。パッキングは旅の終わりが近づくにつれて上手になりますね。基本的にソロツーリング。以前、Solid M/C氏も語っていたようにソロツーリング時の

「何でこんなことやってんだ?」の自問自答を繰り返しつつ、一瞬の感動を積み重ねていくのがソロツーリングの楽しみ(あと出会いとかね)。

 ソロツーリングでは、キャンプ定番のおいしい食べ物とかは、あんまり感動ないです。一人で焼肉屋さん行っても感動が少ないのと一緒(けど一人でもだいじょうぶという人もいます)。

で、社会人になって結婚して子供が出来て、家族総出ではタフなキャンプがどうも無理ということが判明。ソロツーリングは非難の対象になることも判明(・・・あたりまえかも)。

 今では方向転換して普通に温泉を堪能し、地元の食材に感動する旅も良いんじゃないかな、と考えるようになりました。僕なりのワーゲンツーリング。これ、キャンプ(野営)じゃないですね。・・・これは遠足です(笑)。

日本には実はもう殆ど原生的な大自然は残っていません。キャンプサイト(コンセント付き)という人工的な空間で、自然を疑似的に体験するしかなくなりました。本当の自然の中で大勢がキャンプしちゃうと、今の日本の状態だとあっという間に消滅してしまう景観(ランドスケープ)も多いと思います。むしろキャンプをするのであれば、キャンプサイトの積極的な利用が自然に対するインパクトが少ないと考えています(それでも、洗剤等の配慮は必要)。

今更ながら気づいたのは、僕が求めている自然や風景は人の営みによって形成された、素掘りの小川や水田の景観、またその二次的自然環境に依存していた生き物たちなんじゃなかと考えるようになりました。

そうだ、遠征準備でした(笑)、基本的にキャンプ用品(テント・ランタン等)やキッチン用品(バーナー等)は運ばないので、着替えとスキンダイビング用の機材くらいですかね~。あとスペアパーツとオイル(笑)。一応クーラーボックスは持っていきます。そうそう、留守番のハムスター達(約20頭!)が餓死しないように多めに餌をあげておかないと・・・。

ワーゲン関係のチェック項目

□タイヤ空気圧(フロント1.5 リア2.0

□点火タイミングおよびポイントギャップ(7.5°0.4mm

□オイルレベル(40番の約2.5L

□作業着

□スペアパーツ(多数)

□ヘッドライト(LED

□軍手

・・・等々

古い車での長距離移動は、そのクルマの老朽度等を考えると「いつ壊れてもおかしくない部品の集まり」が走っていることになります。耐用年数の過ぎた消耗品は出来る限り交換したつもりですが、やっぱり少し緊張しますね。

|

« 出会い_雑誌編 | トップページ | 遠足準備_整備編 »

VWで遠足」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/16233827

この記事へのトラックバック一覧です: 遠足準備:

« 出会い_雑誌編 | トップページ | 遠足準備_整備編 »