« ブレーキを考える | トップページ | ワイパーモーターを考える »

リアアクスルシールの交換

Dscn2935

ふと、後輪裏側を見るとオイルが垂れた痕がありました。よくあるトラブルの「オイルシールの劣化」です。いろいろな情報が氾濫しているので交換方法については省略しますが、このオイルシール、なんで裏側から圧入なんでしょう?途中から変更になっているところをみると、なんらかのメーカーの意図があったんじゃないかな。ここのデカいボルトの締め付けトルクは国産車では有り得ないトルクです。このトルクと何らかの関係があるのかもしれません。ベスパのリアも同じような構造なんですが、トルク管理を誤って、ドラム側のスプラインをなめ切ったことがあります。あの時はあせりました。エンジンはかかるし、クラッチも切れる。ギアチェンジも 出来るのに前に進まないので、混乱しました。

Dscn2937_2

続編:追加記事あります

|

« ブレーキを考える | トップページ | ワイパーモーターを考える »

空冷VW故障と修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/15910388

この記事へのトラックバック一覧です: リアアクスルシールの交換:

« ブレーキを考える | トップページ | ワイパーモーターを考える »