« 燃費について | トップページ | リアアクスルシールの交換 »

ブレーキを考える

車種によっては構造変更が必要になるが、近代的なブレーキとしてディスクブレーキは魅力的。ドラムブレーキなんて古典的なメカニズムっていう人も多い。しかし、ヒネクレなのでいろいろ妄想してみた。

現行車でディスクブレーキが採用されている車って間違いなくサーボが装着されている。サーボってのはエンジンの負圧を利用したブレーキ倍力装置だ。これが無いと、シュー面積がドラムと比較して少ないことが多いディスクブレーキで、ドラムブレーキと比較して軽く止まるのは無理な可能性が高い。

Dscn0532

このサーボ効果、ドラムブレーキでは本来備わっているんです。シューとのクリアランスをきっちりとってあげるとサーボ効果がいい方向で発揮されてしっかり止まるブレーキになります。逆にセッティングが悪いとカックンブレーキになるのはドラムブレーキ。理論は良くわからないが、シューのたわみが影響しているのではないかと。これはバイクのSRで実証済み。どうやらディスクにはこのサーボ効果が発生しないみたいです。

じゃあディスクは駄目なのか?といったらそんな事は無い。メンテナンス性がドラムと比較して格段に良くなる。特に空冷VWのドラムブレーキはハブベアリングと一体だから、ブレーキ点検の度にハブナットの締め込みトルクで悩まなくて済むメリットは大きい。あとシューの交換も楽。けど往々にしてあるのがディスクの磨耗。外車はこの傾向が強いのかな。ポン付けじゃあ本来の性能が発揮しづらいのは空冷VWの場合、ディスクブレーキの方な気がする。

|

« 燃費について | トップページ | リアアクスルシールの交換 »

空冷VWメンテナンス考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/15901988

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキを考える:

« 燃費について | トップページ | リアアクスルシールの交換 »