« 錆との付き合い方 | トップページ | 部品の選択肢 »

クラッチのアソビについて

Imgp0087

 クラッチの遊びは一般的にペダル部で規定値が設定されている。クラッチが減るとどんな症状が出て来るのであろうか?

イメージとしてクラッチが減った場合、減ったんだからアソビが増えると考えてしまう。

しかし、実際は逆。ワイヤーが「パンパンに張った」感じになるのが正解。

ここに落とし穴がある(ベスパで見事に落ちました(笑))。

クラッチワイヤーを調整するときに設定値にとらわれすぎて「締めこむ」方向で調整してしまう可能性が往々にしてあるんじゃないかと。

 初期伸びを考慮してもワイヤーを締める方向で調整する機会はそうそう無いと勝手に推察。

あと、盲点なのがペダル下部にボルト止めされているクラッチペダルのストッププレート。これが、長い歴史の中で位置が変わっている可能性がある。もし基準値以外でプレートが固定されていた場合、「基準値」そのものが変わってくる可能性があるかもしれない。シミュレーションとして、ストッププレートを前に移動した場合、見かけ上のペダルのアソビは増えてくるが、これを締めこんでマニュアルとおりのアソビに設定するとプレッシャープレートを押し過ぎてしまう可能性があるんじゃないかと。

 こうなってしまうと、マニュアルの基準値そのものが基準にならなくなってしまう。特に僕のような素人は経験がないぶん書籍等に頼りがち...。気をつけていこうと思います。

|

« 錆との付き合い方 | トップページ | 部品の選択肢 »

空冷VWメンテナンス考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/15952337

この記事へのトラックバック一覧です: クラッチのアソビについて:

« 錆との付き合い方 | トップページ | 部品の選択肢 »