« サビとの格闘 フロア編 | トップページ | 燃費について »

錆との格闘 Aピラー編

 Aピラーの根元にはヒーターダクトが通っていたり、構造上強度が実用な部分だったりして大切なトコです。ここが腐ってたら買っちゃ駄目って人も多い。・・・けど、腐ってました(涙)。個人的にはセーフと前向きに判断しましたが、次のオーナーが完璧に直す事を期待しつつ、現状確認の為にサビた破片をほじくり出すことにしました。

遺跡発掘の気分を味わいながら、グリグリやってると年代物の爪切りの摘出に成功()。あと、フェンダーの付け根のボルトが取り付け部ごと外れました。目視確認の結果、1度この部分は補修されていると考えられました。しかも最近の板金屋さんが使わないであろうロウ付けだったので、かなり以前の補修だったのではないかと推察。

手持ちの小道具を駆使してAピラー内部のサビと戯れた後、水の抜け穴を作りつつ(ここが塞がってるとまた腐る)PORFRP、ノックスドールで補修。最後の仕上げは美装効果を狙ってアルミテープ(笑)。直したら直した場所を判りやすくしておくのが素人の掟(笑)。へたに誤魔化すとなんか安いカ○ラみたいで・・・。 フロントガラスのヒーターは生かしたかったので、手持ちの細身のダクトパイプを手探りでAピラー根元のヒーターダクト取り付け部に装着しました。(元のパイプはグサグサでした)足元にプラカバーが2つあって(1つはカーペットに隠れてます)これを外すと手は傷だらけになりますが何とかアクセス可能です。が、もし今付いていたら外さないほうが良いです。僕が採用した方法だと確実な固定が困難で「置いただけ」です。あまりオススメできません。ちゃんと温風出てますが(笑)。Imgp0068

|

« サビとの格闘 フロア編 | トップページ | 燃費について »

空冷VW故障と修理」カテゴリの記事

錆との格闘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/15857588

この記事へのトラックバック一覧です: 錆との格闘 Aピラー編:

« サビとの格闘 フロア編 | トップページ | 燃費について »